yamachanのメモ

日々の雑感や文献のメモ等

待鳥聡史『政治改革再考』

 『政治改革再考』というタイトルからは、具体的な「制度」に着目した内容を想像するが、実際はそうではない。制度内容や制度変遷はもちろんのこと、その背景にあるアイディアについても分析されており、「政治改革の全体像」(5)が描かれているのが本書の魅力だ。具体的には、「アイディアとその土着化という視点から、マルチレヴェルミックスに影響を当てる制度変革として政治改革を捉える」(38)という分析視点により、中央政府の改革として選挙制度改革と行政改革中央政府以外の改革として日本銀行の改革、司法制度改革、地方分権改革を論じている。そして、本書の立場をこのように述べる。

基本理念を共有しながら、土着化が必要不可欠であったために、それが異なった方向での制度変革につながり、公共部門全体の作動に対しては期待した成果にもつながらなかった。このことが、政治改革を理解する上での最大のポイントだというのが、本書の立場である。(40)

 本書で論じられる政治改革に共通する基本理念が「近代主義」であり、「近代主義とは、日本の政治・経済・社会のあり方、およびそこでの個々人の生き方について、より「近代化」することが望ましいという考え方」(69)である。また、「近代化とは、人々の行動様式や社会の構成原理が、根拠のない思い込みや慣習、権威とされるものへの盲従や信従から離れ、個々人が自ら行う判断に基づく、目的に対して合理的なものになること」(69-70)を指す。具体的には政治改革には次のような共通認識がある。

改革が目指したのは、日本の公共部門における様々な意思決定において、自律した個々人がより積極的かつ広範に決定に加わることであった。日本社会を構成する有権者(国民)が政治権力を自らの責任で作り出し、行使し、その結果を引き受けること、といってもよいだろう。(67)

 しかし、このような近代主義の理念は、個々の領域において具体的な制度変革が進められる過程では、以下のように、「土着化によって実質的に異なった志向性を帯びることになった」(270)。

領域ごとに土着化が進められた結果として、選挙制度改革や行政改革のように従来よりも集権的な意思決定メカニズムの確立を目指す場合と、中央銀行改革や地方分権改革のように従来よりも領域の自律性(独立性)を強めようとする場合が混淆することになったのである。さらには、自律性を強めた領域の内部に新たに生み出される意思決定メカニズムがどのようなものになるかについて、地方分権改革のように明確な方針が示されない場合もあった。司法制度改革のように、改革の実施後に内部アクターの巻き返しという形で土着化が生じる領域も存在した。(270)

 そして、政治のあり方や制度変革について考える上では、「改革の全体像とそれを支える理念を明確に定め、土着化による影響をできるだけ小さくすることが必要となる」(279)と著者は指摘する。個別領域の制度変遷を捉えつつ、その背景にある共通認識とそこからの土着化というズレをマクロな視点から論じる本書は、これからの政治・行政を考えるための必読の一冊だ。

政治改革再考 :変貌を遂げた国家の軌跡 (新潮選書)

政治改革再考 :変貌を遂げた国家の軌跡 (新潮選書)

  • 作者:聡史, 待鳥
  • 発売日: 2020/05/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

山口尚『哲学トレーニングブック』

 「哲学書を読む哲学書」であり「<読むこと>を徹底的に行う」(9)とする本書は、「書物一般」ではなく、「哲学書」を読むことの特異性にフォーカスを当てた良書だ。「本を読む本」や「本の読み方」と称する書物はたくさんあるが、この本は「哲学書」を「読む」ことに力点を置いている。「哲学書はどれも、ありきたりな見方から離れ、新たな「これまでにない」見方を提供する」もので、「その結果、哲学書の「結論」は読み始めの段階では未知なもの」(9)になる。また、「他者の哲学書を読むことによって、私はよりいっそう私になる。これによって私はますます個別的になり、ますます孤独になる」(454)。そして、「哲学書を読む者たちが作り上げる共同体」について、著者はこのように述べる。

思うに、哲学書を読む者たちが作り上げる共同体は、必ずしも「一致」を理想とする場ではない。むしろ成員のそれぞれが徹底的に個別的な自己であり、そして各々の独位性でもって逆説的に連帯しうるような場-それが私の考える<哲学書を読む者たちの共同体>である。(454-5)

私は仕事柄、制度解説や逐条解説、働き方の本や自治体の取り組みを取り上げた本等を読むことが多い。これらの「実務書」を読むことと、「哲学書」を読むことの差異を意識したことはなったが、本書を読むことで「読むこと」の多様性を考えるようになった。例えば、「実務書」は「個別的になる」のではなく「一般的になる」ためのものであり、「一致」や「同意」に価値を置くもので、その結論に向かって読んでいく。「私は他者たちが書いたものを読み、そして私の仕方でリアクションする」(455)のではなく、「私は他者たちが書いたものを読み、そしてその他者の仕方でリアクションする」のだ。そもそも、「実務書」を読むことにおいては「自己と他者の関係」を前提にしていない。著者が「「死んでいる」のと同じこと」(452)とする研究のタイプ、「これをやっていれば安全かつ安心だ」(452)ということを見つけるために、私は「実務書」を読むのだ。
 では、「実務書」を読むということは、「哲学書」を読むことから切り離されたものなのかというと、そうではないと思う。この二つの読書を結びつけるヒントとなるのは、「問題が伝わらない-コーラ・ダイアモンド「現実のむずかしさと哲学のむずかしさ」を読んで」で語られる「思考が現実のむずかしさを逸れてしまう」(123)という現象だ。「実務書」を読むことを通じて現実と関わることが、この「現実のむずかしさ」を捉えるための一つの方法と考えるからだ。もちろん、この思考・行為自体もまた「現実のむずかしさから逸れる」ものかもしれない。この問題を考えるために、コーラ・ダイアモンドの論考も読んでみたい。
 ところで、本書はこのように哲学書を読みたいという欲望を刺激する。著者は「好きな箇所から読み始めことができます」(10)と述べるが、ぜひ第一章から読み進めてほしい。順番に読むことで、哲学書を読む環境が整えられる。「哲学は役に立つか」では、「そもそも哲学とは何か」という問いを通じて哲学書を読むための導入が図られる。「幸福のダークサイト」では、アラン『幸福論』とそれを批判する中島義道『不幸論』を紹介し、「哲学書を読む哲学書」の読み方(=『哲学トレーニングブック』の読み方)が例示される。第二章の二つの論考はそれぞれ哲学書の「まえがき」、「文体」について論じているものであり、哲学書を読み始めたときに直面する困難をほぐすものになっている。第三章はタイトルどおり「読むことの背景」が著者の自伝を通じて語られ、「哲学書を読むものたちが作り上げる共同体」が示される。そして、第四章では本書のテーマである「自由意志」を論じた哲学書を読むという実践が描かれている。ここで哲学を専門としない私のような人間は哲学の難しさに挫折しそうになるが、第五章でこの「哲学の難しさ」が解説され、その向き合い方が論じられる…というように、順番に読んでいく楽しさやメリットが本書にはある。
 もちろん、著者が言うように、好きな箇所から、例えば一人では読み通せなかった哲学書や気になるテーマから読んでも、十分に読書を楽しむことができる。扱っているテーマや内容は専門的であるが、著者の文体は平明で分かりやすい。自己のエピソードも交えつつ、「自由意志」と「思考」を論じている思い切った構成の意欲作。幅広く読まれてほしい一冊だ。

哲学トレーニングブック:考えることが自由に至るために

哲学トレーニングブック:考えることが自由に至るために

  • 作者:山口 尚
  • 発売日: 2020/10/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

リー・マッキンタイア『ポストトゥルース』

 2016年、ブレグジット投票とアメリカ大統領選挙を背景に、オックスフォード大学出版局辞典部門が今年の一語にノミネートした「ポストトゥルース」という現象が、世界中の注目を集めた。著者のマッキンタイアは、ポストトゥルースとは「何か」を問うとともに、「なぜこれが今起こっているのか」(30)を問い、その形成プロセスを辿っていく。そこで著者が注目するのは、政治的文脈と科学否定論である。著者はこのように述べる。

ポストトゥルースという考えにおいては真実が異議申し立てを受けているという側面ではなく、政治的な優位を主張するための手段として真実への異議申し立てがなされているという側面が顕著なのである。(12-3)

ポストトゥルースとは真実が存在しないという主張ではなく、事実がわたしたちの政治的視点に従属するという主張なのだという感覚を抱くだろう。(30)

このようなポストトゥルース的戦略は「政治支配のための秘訣」であるが、このような状況に対して著者は異議申し立てをする必要があり、そのための第一歩は、ポストトゥルースが発生した由来を理解することであるとして歴史を遡っていく。
 そこでキーワードになるのが「科学の否定」であり、1950年代のタバコ戦略や地球温暖化に抗するキャンペーンを取り上げ、「これらの事例からの教訓は、今日の政治家にとっても失われていないはずだ」(54)として、次のように指摘する。

党派性が想定される環境においては、多くの場合エビデンスを見るよりもむしろ「チームメンバーを選ぶ」だけで十分であって、そこでは誤った情報が公然と広まり、事実検証が軽んじられることがある。自分の立場を支える事実を選択して使用することと、そうでない事実を完全に拒絶することが、新たなポストトゥルース的現実を生み出す本質的な要素であるように思える。(54)

そして、「イデオロギーが科学に勝利する(trump)ような世界においては、ポストトゥルースが次に不可避な段階としてやってくる」(55)のだ。
 また、もう一つのキーワードが「認知バイアス」であり、著者が注目するのは「バックファイアー効果」と「ダニング=クルーガー効果」である(66)。ここで重要なのは、「もっとも熱心な支持者でさえ、継続的に誤りを正すエビデンスにさらされたあとでは、最終的に「転換点」に到達し、自分たちの信念を変える」(75)という指摘だ。そして、かつて認知バイアスは「他人との交流によって改善されていたのかもしれない」(82)が、現代のメディア状況においては反対意見から隔離されており、その結果、ポストトゥルースに対して「もろい存在となってしまう」(86)とも指摘されている。
 これらの探求を通じて「わたしにとって重要なのは、事実が重要でない世界で生きために順応する仕方を学ぶことではなく、真実〔真理〕の概念のために立ち上がり、反撃する仕方を学ぶことである」(199)と著者は語る。

嘘に異を唱えるために重要なことは、嘘つきを説得しないことである。…最低でも、嘘をそれが嘘だと証言し、嘘とあるがままのものを引き比べることが重要である。ポストトゥルースの時代において、わたしたちは事実問題をあいまいにする個々の試みにすべてに異を唱え、嘘が腐敗し悪化する前にそれに挑まなければならない。(200)

事実して正しい情報で繰り返し「つよい印象を与える」ことで、党派的で偏った考えを変化させることができると気がついた。不都合な事実によって人々を説得することは簡単ではないかもしれない。しかしどうやら可能なようだ。(204)

ポストトゥルースに抵抗するもっとも肝心な方法は、わたしたち自身のうちにあるポストトゥルースと戦うことだ、というものだ。(207)

誰かがわたしたちに嘘をついても、わたしたちは彼ないし彼女を信じるかどうかを選べるし、あらゆる虚偽に異を唱えることができる。誰かがわたしたちの目をくらませようとしている世界に対してどのように反応すべきか。これは、わたしたちが決定できることだ。つねにそうであったように、真実はいまだに重要である。(217)

著者が掲げるポストトゥルースへの対抗戦略はシンプルなものであるが、粘り強さや根気、そして真実への「信」が必要となる。現代日本の政治状況においては、このシンプルな対抗戦略ですらも困難な道かもしれない。私は、この困難な道を歩むためには、「知」こそが必要になると思う。この点において、監訳者である大橋完太郎氏による附論「解釈の不安とレトリックの誕生-フランス・ポストモダニズムの北米展開と「ポストトゥルース」」は必読であろう。本書の第六章もそうであるが、ポストモダニズムを再考するために参考となる一冊でもある。

ポストトゥルース

ポストトゥルース

 

 

井奥陽子『バウムガルテンの美学-図像と認識の修辞学』

 美しい装丁が印象的な本書で扱われているのはバウムガルテン、名前こそ知っているが、「どこか顔が見えないところがある」(ⅳ)人物だ。そして、本書のテーマである「美学」についても、「バウムガルテンの空白のイメージが象徴しているように、学科としての美学は、それが産声をあげたときにどのような姿をしていたのか、実はいまだにその全貌が解明されていないのである」(ⅶ)と著者は指摘する。このような「見えない」人物とテーマに光を当て、その姿を浮かび上げるのが『バウムガルテンの美学』である。
 そのために注目するのが「修辞学」であり、バウムガルテンは「修辞学に依拠したからこそ、芸術や認識についても論じうる美学理論を構築できた」(5)として、次のように述べる。

バウムガルテンの美学とは学芸体系の改編を目指したものであり、その中枢には、記号(signum)の概念に支えられて、拡張ないし一般化された修辞学を確立する企図があった(11)

バウムガルテンによる<哲学的学科としての美学>とは、哲学部すなわち自由学芸を継承した諸々の学科を再編する「哲学百科事典」の構想と連動して-古代ギリシャの「円環的教養」から派生する自由学芸と百科事典が二重写しになった地点で-誕生・発展したものであった。さらにその広大な美学体系の理論的基盤を構築すべく『美学』でまず目指されたのが、修辞学の概念装置を利用しつつ改変した<一般修辞学>と呼びうる理論であった。(189)

私が最も興奮して読み、刺激を受けたのが、このバウムガルテンによる「体系」への欲望だ。実学志向のなか、「哲学体系を再構築する試み」(17)からバウムガルテンの美学が萌芽していく記述は、実学化と専門分化が進んだ現代を生きる私たちに訴えかけるものがある。
 このような観点から、本書をバウムガルテンの伝記的書物として読むのもよいだろう。著者はバウムガルテンの生涯を揺籃期、着想期、発展期、成熟期、膠着期に分類している。そして、資料1には年表があり、これらの区分とともに、バウムガルテンの生涯、関連人物や社会状況が記載されている。この年表は、バウムガルテンという人物を知るうえで、そしてバウムガルテンの美学を理解するうえで非常に参考になる。
 バウムガルテンの美学における例外の多さについて、著者は次のように分析する。

バウムガルテンは…美においては規則が衝突する可能性が極めて高いことに留意し、各々の規則の重要度に応じた関係を顧慮する必要があることを意識していた。バウムガルテンが目指していた美学とは、大きな完全性のために多くの例外が許容されうる<放縦さ=自由>をもつ美を、それでも体系化された規則で捉えようとする、複雑かつ柔軟な構造をもった理論だったのである。(110-1)

社会・世界における規則と自由の問題、それを捉える理論の問題を考えるにあたっても、バウムガルテンの美学は有益な示唆を与えるものであり、バウムガルテン『美学』は「現代においこそ読み直される書物である」(192)と言えよう。その『美学』の再評価を試みた本書は価値ある一冊であり、美学という領域に留まることなく、広く論議を呼ぶことであろう。

バウムガルテンの美学:図像と認識の修辞学

バウムガルテンの美学:図像と認識の修辞学

  • 作者:井奥 陽子
  • 発売日: 2020/02/20
  • メディア: 単行本
 

 

ロバート・ブランダム『プラグマティズムはどこから来て、どこへ行くのか』

 現代プラグマティズムを代表する思想家であるロバート・ブランダムが、邦訳タイトルが示している通り、プラグマティズムの過去から未来を描き出した、重量級の書物だ。ブランダム自身は序章において次のように語っている。

ドイツ観念論において際立っているいくつかの思想から古典的アメリカン・プラグマティズムの核心にある発想へと至り、そしてそこから、言説性をめぐる復活した合理論とそうした発想との待望の統合へと向かう思想の流れを、〔現代の視点から〕回顧的に、そして合理的に再構成した。私自身の仕事の多くは、そういった合理論的プラグマティズムの一形式を導き出す努力というかたちをとってきた。(上55)

このような記述と「ドイツ観念論からアメリカン・プラグマティズムへ-そして再びドイツ観念論へ」という序章タイトルからも、ブランダムの思想の背景にあるヘーゲルの円環の思考が垣間見える。ブランダムによると、プラグマティズムは「多様な哲学者たちを関係づけるもの」(上ⅲ)であり、そのプロセスが描かれているのも本書の魅力だ。
 タイトルや目次を見るだけでも、そして邦訳の少ないブランダムの著作を日本語で読めるというだけでも読書欲が刺激されるが、私のように哲学の専門家でも研究者でもない読者にとって、本文を読むだけでは、現代プラグマティズムとはどのようなものなのか、そして「どこから来て、どこへ行くのか」ということを読み解くのが困難だと思われる。そこで、まずは訳者解説の次の説明を頭に入れておくとよい。

本書はブランダムがドイツ観念論プラグマティズムをどのように引き受けているのかを披瀝し(序章、第一章、第二章、第三章)、わけてもローティの思想をどのように継承しているのかを述べ(第四章、第五章)、その上でブランダム独自の「分析プラグマティズム」によって分析哲学の更新を提案し(第六章)、さらに同時代のネオプラグマティスとたちとブランダムと(そしてローティと)の立ち位置を整理して示している(第七章)。(下213)

その後に、翻訳の担当者が章ごとに内容を紹介している箇所を読み、「本書全体を概観する内容を含む」(下213)序章を読むことをオススメする。そこから読者が関心を持つ章を読み進んでいけばよい。
 私が個人的に特に関心を持ったのは、「信」や「政治的信念」(83)について語られている第一章と、哲学的探求からの政治的帰結や政治理論を論じている第五章だ。ブランダムは「政治」について発言することはほとんどないということを聞いたことがあったが、本書ではこれらの章をはじめとして「政治」に言及する箇所があり、これも魅力の一つだ。例えば、ブランダムはこのように語っている。

(人間に備わっているもののうちで道徳的に、そして究極的には政治的に)重要なのは、私たち言説的生物の一人ひとりが備える、かつて誰も言わなかったこと、さらには私たちが言わなければ決して言われることはなかっただろうことを述べる能力なのだ。それは私たちがそのただなかで生活し、動き回り、自らの存在を保つところのボキャブラリーを変形する能力であり、それゆえ(私たちのような生物にとっての)存在の新たなあり方を創造する能力なのである。(下77)

このようなブランダムの「政治」観の背景にあるのは…というような関心を持って他の章を読んでいくことで、ブランダムの思想へ挑むこととなるのだ。このように、関心のあるテーマから読み進めていくことが、本書をそしてブランダムを理解する一つの方法であろう。
 『プラグマティズムはどこから来て、どこへ行くのか』においては、ブランダムも訳者も、本書とブランダムのその他の著作との関係について何度も言及している。そのような意味でも、現代プラグマティズムだけではなく、「ブランダムを理解するための様々な視点をも効果的に与えてくれる書となっている」(下213)。プラグマティズムは、そしてブランダムは「どこから来て、どこへ行くのか」、多くの読者がこの冒険に誘われることになるだろう。