yamachanのメモ

日々の雑感や文献のメモ等

北田暁大・白井聡・五野井郁夫『リベラリズム再起動のために』

リベラル再起動のために、まずは広く横につながることが大切であるが、そのためには最低限共有できる点を確認する必要がある。北田暁大氏・白井聡氏・五野井郁夫氏の三者が同意できることは、以下の点である(116-7)。

リベラリズムにおいては機会の平等が重要。

・機会の平等を保障するためには、正義に適った法制が必要。

・スタートラインを揃えるには、人々の持つ財を揃える必要。

・再配分に重点を置き、かつ個々人が自由にそれぞれの幸福を追求できる財と制度を提供するのが国家の義務。

つまり、「底上げをする左翼」(55)が必要ということである。北田氏の言葉を使えば、「リベラルなり左派の基本的な理想は、「食える社会、安心できる社会の提供に国家が責任を持つ」ということ」(139)になる。北田氏は次のようにも指摘する。

必要なのは、正義・権利の貫徹とともに具体的かつ明示的、そして実行可能な幸福の姿を示すこと、そしてその実感を有権者に共有してもらうこと、有権者のニーズを可能なかぎり精査し、その対応について明確にしていくこと。自民のように反差別法や女性政策を切り貼り的に、その場しのぎ的に示していくのではなく、それらの関連性と構造をわかりやすく問題化していくこと。

対抗すべき野党に決定的に欠如しているのはそうした「幸福」への意志表示である。(205)

社会政策的な面を見据えた北田氏の発言は重要なものであるが、行動において「切り貼り的に、その場しのぎ的に」見える野党が、理念において連帯できるのかは疑わしい。本書は「リベラル再起動」の困難さを示す一冊とも言えよう。

 

井上達夫『生ける世界の法と哲学』

井上達夫氏は、リベラリズムの歴史的源泉は「人間が理性によって因習や偏見から自己を解放する」啓蒙と、「宗教観や価値観が違っても共存の可能性を探る」寛容であると指摘している(74)。そして、「その哲学的基礎は単なる自由でなく、「他者に対する公正さ」という意味での正義の理念」(79)とのことである。

井上氏がリベラリズムにおいて重要視することは「普遍主義」である。それゆえ、ロールズの「政治的リベラリズム」のような「脱哲学的な歴史的文脈主義の傾向」に対して、「普遍妥当性の哲学的基礎付けを放棄」(207)するものであると批判し、普遍主義的正義理念の重要性を次のよう主張する。

普遍主義的正義理念は現状(status quo)を、満ち足りた者の視点からではなく、抑圧・差別・排除された「他者」の視点から絶えず批判的に再吟味することを求める。この理念に背を向け、安定性の名において現状に休らうことを選んだロールズの政治的リベラリズムの階層国家擁護論への頽落は、異質な他者にたいする開放性・寛容・尊重を培うconvivialな共生の実現にとって普遍主義的正義理念が基底的意義をもつことを逆に証明している。(304)

また、井上氏が唱えるリベラリズムにとって「責任」も重要な位置を占める。「異質で多様な自律的人格の共生を理念とするリベラリズムは、共生の確保という観点から、むしろ公共的責任負担の公平な分配を重視」し、「責任民主主義の問題意識にまで成熟させる」(88)として、次のように指摘している。

単に自由の保持増進か、福祉の保持増進かという二項対立的発想を超えて、自己の自由行使が他者の福祉のみならず自由を阻害し、自己の福祉享受が他者の自由のみならず福祉も阻害する効果をもちうるという現実を直視して、自己の自由行使と福祉享受が、自己の視点のみならず、かかる阻害効果に対して異議申立てをする他者の視点からも受容しうべき理由によって正当化可能か否かを反省的に吟味する必要がある。かかる批判的自己吟味の責任を人々が引き受けたとき、自由と福祉の葛藤問題をめぐる対立を解消しえないまでも、誠実に調停する道がはじめて開かれる。正義理念を基底にしたリベラリズムは、かかる責任を万人を課すことにより、多様な対立競合する価値と利益を追求する人々の公正な共生枠組みを確立する企てである。(402)

このようなリベラリズムは制度構想において重要なものであり、政治的な側面からは、この思想を引き受けることができる政党が生まれることを期待したい。

 

伊藤恭彦「現代リベラリズム」(有賀誠・伊藤恭彦・松井暁[編]『ポスト・リベラリズム)

伊藤恭彦氏によると、「現代リベラリズムの規範の根幹は、個人の自由の拡大を反権力あるいは反介入政策と結びつけるのではなく、個人の福祉の向上に対して政府や社会が責任をもつべきであると考えと結びつける点にある」(5)とのことである。そして、現代リベラリズムの代表がジョン・ロールズであり、ロールズ批判を通じてリベラリズムは深化していく。

伊藤氏が本稿におい取り上げている論点は、リベラリズムの「中立性原理」と「平等規範」(14)であり、前者の代表的な論者としてB・アッカーマン、後者についてはR・ドゥオーキンを紹介している。ロールズ、アッカーマン、ドゥオーキンについて、「差異はあるが、基本的にリベラリズムの真髄の一つを中立性に求めている」(18)として、次のように指摘している。

その(リベラリズムの真髄の一つを中立性に求める)論拠は価値が多元化した現代においては、善の選択はあくまでも個人にゆだね、国家や社会システムの設計において要請される規範はあくまでも個人間の外的関係をするものに限定されるべきであり、それが個人を尊重することになるというものである。ただし、その際、すべての人間に可能な限り平等に自らの善を実現する条件が保障されるべきであり、そのためには国家による所得再分配政策や積極的な差別是正政策を求めるのである。(18)

しかし、このような現代リベラリズムの中立性に対して、リベラリズムといえども善に対して中立ではありえないという、W・ギャルストンのような議論がある。つまり、「リベラルな体制においてもある種の実質的な道徳的な確信の共有が必要」であり、「リベラリズムも実は暗黙のうちにある種の共有された善を前提にしている」(18)ということである。伊藤氏も指摘しているように、このようなギャルストンの議論は、「リベラリズムの基礎を強化するもの」(18)と言えよう。

このような現代リベラリズムの規範理論の共通点として、「個人主義的な規範理論である点」(19)と「個々人が選び取った価値が十分に実現できるように、人為的に財の分配をコントロールしようとする点」(20)を挙げている。私たちの社会は十分に個人主義的であるのか、また、財の分配は十分にされているのか、このように問うてみると、リベラリズムが現代においても重要な思想であり続けていることがわかる。

 

宮台真司・仲正昌樹『日常・共同体・アイロニー』

本書において、宮台真司氏はリベラリズムの「端的な事実性」を説いている。端的な事実性とは、「「人間とはこの範囲だ」とか「我われとはこの範囲だ」といった区別の線引きについての事実性」のことであり、「こうした事実性なくして機能しない」(64)として、リベラリズムを次のように説明している。

第一に、リベラリズムとは共同性へのコミットメントを前提とする思考だということです。リベラリズムは人びとの自由を支える前提条件を護持せよと命じる価値観です。この前提条件は、アダム・スミス的には他人の喜怒哀楽に同感できる可能性であり、ロールズ的には他人と立場を入れ替えても耐えられる立場可換性です。

それゆえ、第二に、リベラリズムはかならず、どの範囲までの他人を立場可換の対象とするかについての境界設定-人のなす区別-がともないます。もちろん、どの境界設定も端的な事実性にすぎません。だから境界設定に正統性(自発的服従契機)を与えようとする営みがたえず存在するし、境界設定の在処をめぐる闘争の可能性がたえず存在します。

それゆえ、第三に、オープンなリベラリズムは「人のなす区別を踏まえつつ、永久に信じずに実践する」脱構築プラグマティズムのかたちをとります。この立場は、威嚇を背景とした命令を使わずに、①「呼掛-応答」のコミュニケーションをつうじて、または②成人したときに自己決定で一定の境界設定を選ぶような生育環境の誘導をつうじて、なされます。(263-4)

つまり、「リベラリズムはつねにすでに共同性を前提にする」のであり、「その前提が与える暗黙の境界設定に敏感になったうえ、境界をズラす実践」(280)が求められるのである。

リベラリズムの共同性とそれを巡る「境界線の政治学」(杉田敦)は、現在においても実践レベルで要請されるものであろう。

 

宮台真司・藤井誠二・内藤朝雄『学校が自由になる日』

宮台真司氏は、ジョン・スチュアート・ミル『自由論』を挙げて、「リベラリズムとは、個人の尊厳を与える、愚行を含めて自己責任でなされる自由な試行錯誤を保証するような社会制度に、価値的にコミットする思想的態度を示すもの」(17)と説明している。ポイントは「価値的にコミットする思想的態度」であり、宮台氏は本書においてこの点を繰り返し強調している。

リベラリストは、一方で「政治的自由」すなわち政治に参加する自由を主張し、他方で「市民的自由」すなわち政治からの自由-政治不参加の自由-をも強調します。ただし、リベラリスト本人は、そういうリベラルな社会体制に価値的にコミットし、いま述べた「政治的自由」を行使して、そういう価値的コミットをする人を増やそうとします。(265-6)

リベラリズムとは、自由を支える社会的な前提の確保に、価値的にコミットメントする立場だと言えます。(266)

リベラリズムの大枠、すなわち「共生原理を侵害しない限りは何をしてもいいが、共生原理を侵害してはいけないという価値にコミットしてもらわないことにはどうにもならない」ということを、残念なことだけれども、上から注入する必要があるわけです。(275)

リベラリズムは…人々が自由に生きられるために必要な社会的前提の維持に向けて、価値的にコミットメントすることが必要だというようになりました。(275)

リベラリズムというのは、社会成員のできるだけ多くが、ある中核的な価値にコミットすることを要求する思想です。(277)

リベラリズムは…自由を支える社会的前提をサポートせよ、自由を支える社会的前提を破壊するな、という規範的な価値へのコミットメントを提唱する思想であるわけです。(281)

そして、リベラリズムコミュニタリアニズムとの論争を経た結果、「リベラルな多元主義-共生条件を満足した上での自由は多元主義の推奨-という立場をとらざるを得なくなる」のであり、「共生問題」に行き着くと宮台氏は説明している(277)。

「価値や理念を論じるための前提となる価値へのコミットメント」というリベラリズムの思想的態度を説く宮台氏の議論は、現代において再度注目すべきものであろう。